ねこむさんのぼらぼらな日常

頼むよ、じいちゃん。。。


 我が嫁ぎ先には、舅がおります。

 姑はかれこれ5年程前に他界して、独り身。

 我がダンナさんが50代のため、もちろん舅は70代。
 (お初の方のために、我が夫婦は20歳ちょっと年が離れています。子どもが生まれたら、、、多分、じいちゃんと言われるに違いない。と、思っているところ。)

 さて、この舅-じいちゃん。


 姑が生前身の回りを全てやってたがため、自活能力ゼロ。

 我がダンナさんも独り身だったため、おとこやもめ2人それぞれが、同じ敷地の別棟で生活をしてきたわけですが、ダンナさんは学生の時に一人暮らしをしてたこともあり、簡単な食事(焼くくらい)と洗濯、掃除くらいはできます。(アイロンはかけれません)

 じいちゃんは農家の1人息子であり、蝶よ花よと大切に育てられたため、ずーっと何もすることなく、人生を謳歌してきました。

 で、連れ合いが亡くなってから4年ほど、ひきこもり。

 まぁ、自分で生活ができているのだろうと、周りの人が考えていたのですが、蓋を開けてみるとあまりのヒドイ状況に、とうとう介護サービスにお願いすることとなったのが去年の今ごろ。

 ひきこもりの間、運動能力も著しく低下。毎日テレビがお友だちだったため、、、最近、認知症の影が。




 過去の脳梗塞の後遺症と、パーキンソンを併発しているために、弱冠足が不自由なので、出歩くこと自体が危険なんてすが、何を思ってか、自分ひとりで出歩いてしまい

 ヘルパーさんがお風呂に入れてくれたにもかかわらず、彼らが帰ったあとに「風呂に入るんじゃ」と離れにある風呂まで遠征したり、「妹の叫び声が聞こえた」と夜中の3時に我が家の家の前をウロウロしたり、「オムツなんて使わないから捨てる」と(何も持ってない状態で。。。)靴も履かずに外を歩いたり。。。

 昼にウロウロしてくれれば人目につくのですが、暗くなってからウロウロされると、大変危険でハラハラ。
 おそらく、以前は昼にウロウロしてたんですが、転んでいるところを近所の人に発見され、たくさんの人が集まり、救急車まで呼ばれそうになったことがあり(我々の不在時に)、さすがにその恥ずかしさはおぼえているのか・・・最近は薄暗くなってから夜、夜中のウロウロが頻繁になってきました。
 前述の通り、足が不自由なので外に出れば必ずと言っていいほど転んで、自力で起き上がるのも困難なのですが、、、

 一昨日は、暗闇の中に血まみれで倒れていたらしく(私はちょっと用事で外出中。ダンナさんが今居間ではタバコを吸えないので、外に出てタバコを吸う)、最初にタバコを吸いに出た時に、何か音がしている気がしたけど、真っ暗だったので何も見えずに気のせいだと思ったらしく、そして30分後に出た時に、やっぱり音がするなぁと言うことで、音のする暗闇のほうへ行ってみたら、、、じいちゃん血まみれで倒れとったとのことで。かなりビビったと。どうやら、顔からこけたんで、いろんなところを擦りむいて出血してたみたいで。

 昨日は、薄暗くなってから私が帰宅。
 しかし、じいちゃんの家の前にある、あるはずの靴がなく、、、まさか!?と思って、周辺を探してみたら、なぜにこんなところに転がっとる!!??ちゅうようなとこに転がっちょりまして、さすがに動転いたしましただ。

 で、じいちゃん気持ちの向くまま食べるもんですから。。。結構ガタイがよくて、妊婦の私が支えになると、下手すれば巻き添え食って転倒する恐れもあるので、どうしたもんかとオロオロ。
 ただでさえこけているところが坂の場所だったので、困難が予想されました。

 そこで、助けを求めてダンナさんに電話したら、まだ20分もかかる場所にいるとのことで、介護サービスでお世話になっている施設にとりあえず電話。そしたら、すぐに職員さんが駆けつけてくれました。

 とりあえずじいちゃんを救出し、職員さんと帰ってきただんなさんと話して、今日から数日間だけですが、とりあえず施設に入れることに。
 そして、いままではしなかったんですが、夜の間、じいちゃんの家の出入り口に鍵をかけて、夜にウロウロしないようにしました。

 実は、夜間にじいちゃんがウロウロし始めてから、また外に出るんじゃないかとか、物音がするとそれが気になって眠れないことが続いていたので、昨晩はすっかり快眠。

 自分の妊娠のことでもちょっぴりナーバスな上に、じいちゃんの問題までも抱えて結構ブルーだったけど、ほんの少しの間でも解消されて、ちょっとハッピー♪な気分なのです。

 ずっと入っててくれたらいいのに。なんて、不謹慎な思いだけれども、世話をする身になって初めて、その大変さって言うのが分かるもんなんだなぁ。と、実感しました。

 じいちゃんより程度の重たい方々なんてもたくさんいるだろうに、これくらいでアタフタしてるんだから、介護に携わっている方々にはほんと頭が下がります。

 そして、いつもお世話になっている施設の職員さん、ヘルパーさん、ありがとうございますm(__)m
[PR]
by borabora84mickey | 2006-09-29 15:15 | 我が家族
<< とっても悩んでます。。。 ニュージーランドが好きな理由 >>



何気ない日常の足跡。息子こねこむ(4歳)のやらかすこと、友だち、映画、海外ドラマ、英会話、ニュース、大好きなニュージーランドなどいろいろ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク


▽共同運営等マイサイト
ニュージーランドぼらぼら旅行記
 NZを旅してまわった記録とちょっとした豆知識
4travelマイページ
 上のダイジェスト版みたいなもの。
うどんちゃんのちょっと行ってみたNZ
 一緒にサイト運営しているうどんちゃん(Mika)の旅行ブログ

ねこむが作ったニュージーランド検定!(けんてーごっこ)


▽友だちのブログなど
Rural in Japan
NZ出身Joによる日本での農業とか毎日(英語)
サンシャインファームの風
友だちサニーのブログ。オーガニックとかパーマカルチャーとか色々。
ハーフ息子の英語・大分弁語録
通っている英会話学校の奥様のブログ。
湯布院町青少年ボランティアサポートセンター
私とこねこむが登録しているボランティア活動センターのブログ。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧