ねこむさんのぼらぼらな日常

<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

テッシュくださーい。


 脳みそが溶けて、鼻からとめどなく流れてますじゃ。

 職場のゴミ箱に、テッシュが次々投げ込まれていますじゃ。


 風邪?


 きっと、前のデスクのKちゃんが、今週の初めからゴホゴホいってたから伝染されたのか、、、

 はたまた、いままでねぇこと、帰って手洗いうがいをしたのが悪かったのか。

 
 だんなさんに言うと、「電気毛布の温度を上げたからだ」と。
 
 だって足が冷たかったんだもの。


 とにかく、気力で乗り切るしかないわね。

 帰って、暖かいおでんでも食べよーっと。

 っていうか、昨日こそハーブティーをもらって、風邪予防に免疫強化じゃ!ビタミンじゃー!とか言ってたのに・・・おやおや。
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-30 17:36 | ぼらぼら日常

妊娠中に良いハーブティーをもらいました。

c0093096_1545585.jpg

 オーストラリアへ行っていたジョーがお土産をくれました。

 その中の1つが、「オーガニックのハーブティー ふろ~む タスマニア島」( 「Highland Herbs Tasmania」)

 オーストラリアでは有名なオーガニックタウンであるマレーニの協同組合のショップ(コープ)で購入してきてくれたそうです。

 オーガニックと言うだけでも身体に優しそうなのに、


 ・ 子宮や子宮筋を強壮し、ビタミン、ミネラルを含むラズベリーリーフ
 ・ 免疫機能を強化するために、ビタミンCたっぷりのローズヒップ。
 ・ 貧血が気になる時は、鉄分を含み増血作用を持つネトル。
 ・ つわりの時期の強い味方ペパーミント。


 
 などなどのハーブがブレンドされた、妊娠中には嬉しいお茶となっています。


 カモミールも入っているけど、多量に摂らなければいい。というやつなので、心配なし。

 だって、パッケージに書かれているブレンド名はズバリ

 「Pregnancy Tea」 妊娠茶

 妊婦のために作られたお茶だなんて、嬉しい限りじゃございませんか。

 タンポポコーヒーにちょっと飽きてきて、ルイボス茶も在庫切れになった私にとっては、なんとも嬉しいお届け物でございました。

 飲んだ感じは、そう。。。多分、カモミールとペパーミントが程よく混ざってるって感じ、とっても飲みやすく、私は好きな味。(ローズヒップの味はあんまりしないから良かった。)

 これから風邪も流行りそうだし、ビタミンやらを補給して免疫強化だ!
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-29 16:32 | 妊娠生活

話題の彼が帰ってきた!


 久々、ニュージーランドのニュースからの話題です。

 場所はオタゴ地方。

 というか、、、南に行くほど、ほのぼのとしたニュースが多いので、ついつい南の方のニュースを選んでしまいます。

 ちらっと見た感じでは、北島でも100年間続いた八百屋さんが閉店とか。

 ローカルに即したニュースで嬉しい限りです。


 さて、こちらのニュースは、世界的に有名になった「彼」が再び登場した。というお話。

 その彼とは。

 名前はシュレック

 これでピンと来た方、なかなかの通でございます。

 ニュージーランド、南島、シュレック。と言えば、、、、

 
c0093096_928991.jpg


 思い出していただけましたか。

 脱走羊のシュレック君。

 本来なら群れを離れて生活する事のない羊さん。自由な生活を求めてか、一匹狼ならぬ一匹羊となって、逃亡。単独洞窟で暮らすこと6年間。

 見つかった時には、画像のようなお姿だったということで、一躍有名になった羊さん。
 
 当時、シュレック君が身にまとっていた羊毛の重さ27.5kg。

 その羊毛はチャリティーで売られたそうですが。


 それで、今回、また彼が登場したのは・・・

 「シュレック10歳おめでとう!氷山で毛刈りの巻」

 で、なんで?

 先々日かに「氷山上での結婚式」のニュースを載せたと思いますが、この氷山、大きいものから小さいものまでいくらかが、いまオタゴ沖を漂ってているようで。

 それで、まさにその氷山の上で、、、

 シュレック君、バースデイの毛刈りをされちゃったそうで。

 なんでも、彼のためにアイゼン(滑り止め)まで作った人がいるとのこと、、、

 しかし、シュレックの所有者の方のコメントは・・・

 「氷山は、我々が上に乗っている間振動し、割れて分かれました。恐ろしかったです。」

 ・・・・・(; ̄□ ̄) あとで、危なくて愚かなことだった。と、気が付いたそうですじゃ。

 それで、氷山上で毛刈りをすることは二度とない。との事。

 
 で、このイベントはチャリティーCureKidsの資金調達と、ニュージーランドの羊毛産業の促進のために行なわれたということで、シュレック君の「氷山の上で」刈られた高級メリノウールは、オークションで売られるそうです。
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-29 09:58 | 大好きなニュージーランド

師も走れば、サンタも走る

サンタクロース派遣会社は人手不足 ベルリン | Excite エキサイト

 さて、12月も目の前。

 なのにサンタさんが集まらないベルリンの事情。

 需要に供給が間に合わない。という、人気ぶりのようで。


 ちなみに、サンタさんのモデルは、聖ニクラウスという司教さんで貧しくて娘を嫁にやれずに嘆いていた家に、窓から金貨(金塊や財布という説も。っていうか、金塊は・・・重くない??)を投げ込んだ。という逸話からのようで、その投げた金貨がたまたま下げていた靴下の中に入ってしまったところから、靴下を下げる習慣ができたとか。

 しかし、世界各国では色々なサンタさんがいて、実は住んでいるところもフィンランドであったり、グリーンランドであったり、スウェーデンだったりと色々らしい。

 名前も「ファーザークリスマス」(イギリス)、「シータクラース」(オランダ)、「トムテ」(スウェーデン)、「ユーレニッセ」(ノルウェー)、「ユーリメン」(デンマーク)と様々。
 
 ドイツでは地方により様々な風習があって、プレゼンターは双子で、一人ヴィアナッハマンは紅白の衣装を着て良い子にプレゼントを配り、もう一人はクネヒトルプレヒトと呼ばれ、黒と茶色の衣装を着て悪い子にお仕置きをするらしい。散々なクリスマスになる子もいるっちゅーことですな。

 なんと、日本にも、赤い服を着て首のない馬に乗ったおじいさんが大晦日の夜にプレゼントを持ってやってきて良い子供に配る、という話がある地域もあったというけど、、、、、、それってちょっとホラーはいってません?
 逆に怖いし、良い子にプレゼントを配るって言うよりは、悪い子を懲らしめるって方が似合ってるような気が・・・。。。

 ちなみに日本で紹介された当初のお名前は「三太九郎」。

 サンタさんの有名な話は、「コカコーラがCMのために、あの有名な服装を考え出した。(コーラの赤と白をモチーフとして)」といわれてることですが(私もそれは知っていたけど)、実はその前から赤を基調とした白の縁取りのあの服装は、日本の雑誌などに登場していたそうで、ちょっとした論議になってるようです。

 とにかく、サンタクロースがクリスマスにトナカイのそりに乗ってやってきて、煙突から入ってプレゼントを配るという、ほぼ日本人が持っているそのイメージは、アメリカで広まったものだそう。


 そこで問題が1つ。

もし煙突がない場合は、サンタさんは来てくれないのか!?

 という心配もありますが、なんとサンタさんが紹介されている本には

 「煙突がない場合は、テレビ画面、窓、押し入れから出てくる」そうで。。。

 テレビ画面って・・・・・、なんかハイテク?

 ちなみに、机の引出しからは出てきたりしないんですかね???

 
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-28 13:39 | ニュースにヒトコト

考え事ならこちらの場所で



 昨日のうどんちゃんとねこむの会話。


 ね 「あのさぁ、トイレでね、めちゃめちゃ面白いな!ちゅうのを思いついたんすよ。」


 うどんちゃん、片付けに必死になってたのか、聞いてくれてない。。。

 う  「あ、ごめん、全く聞いてなかった~」

 ね 「だから、トイレでね、ブログのネタとして、めっちゃおもろいことを思いついたんすよ」

 う  「トイレとかお風呂とか、思いつきやすいって言うもんね」

 ね 「でもね、そういうところで思いついたのって、、、すぐ忘れちゃうんっすよねぇ」

 う  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


 だから何って?

 だからさぁ、面白かったんだってば、思いついたネタが!

 忘れちゃったけどね。。。


 P.S. そうか、どっちも「水に流す」から忘れちゃうんだな o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o 
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-28 11:48 | ぼらぼら日常

そんなことがあるんかいな!?

ベッド上の2人、床を突き破って階下に落下 3名負傷 | Excite エキサイト

 あまりにもビックリしたので、続けざまに載せちゃいましたが、、、、、

 ベッドで寝てたはずなのに、気がついたら下の階にいたなんて、、、、驚き以外のなにものでもないっすよ。

 ベッドが重かったのか、お2人が標準よりもかなり重かった・・・?というか、激しかった?(お昼からごめんなさーい♪)

 しかし、そんなもんで床が抜けたらシャレにならんやろ(^_^;)

 
 しかも、高級ホテルで


 みなさん、ホテルにお泊りの際には、くれぐれも飛んだり跳ねたりしてお足元をご確認のうえ、ご利用くださいませ。

 
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-27 12:46 | ニュースにヒトコト

さすが Kiwi! 

カップルが計画した氷山上での挙式、一時凍結 | Excite エキサイト

 ということで、めずらしくニュージーランドネタがエキサイトのニュースに載ってたので。

 思いもよらない場所で結婚式を挙げようとするカップル。

 でも、こういうことを考えるのが上手なんだよねぇ、ニュージーランドの人。

 
 氷山がダメなら、、、、フォックス氷河かフランツ・ジョセフ氷河とか。。。

 きっと、こんな考えはつまんない範疇だろうけど。

 っていうか、ちゃんとプランがあるみたいですわ、タズマン氷河でのウェディングとか、マウントクック雪原ウェディングとか。

 こうなったらいっそのこと、マウントクック頂上ウェディングとかいかがでしょう。

 寒いかな?

 
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-27 12:38 | 大好きなニュージーランド

とんでもない一週間


 ということで、ご無沙汰いたしました。

 先週の頭から、いまいち体調のすぐれなかったワタクシ。

 水曜日に、腎臓がという指摘を受けて、木曜日、金曜日と休息中心の生活を送っておりました。
 
 その金曜日、昼寝をしようと、ベッドの中でウツラウツラしていると、携帯がなりましただ。

 着信は母から。なんじゃ、うざいのぉ。と、昼寝を阻害された不機嫌さを表しながら、「もしもし?」と出ると

 「じいちゃんが転送されて緊急手術をすることになった」と。

 じいちゃんというのは、母の父ではなく、我がだんなさんの父。すなわち、わしの義父ですじゃ。

 母の働く老人ホームに短期入所していて、いつも飲んでいた薬がなくなったので、それをもらいに定期的に病院へ通っていたんですが、今回

 脳みそに血が溜まっとる。

 のが、発見されて、その病院から緊急転送された模様。

 ああ。だから、虫が見えるとか、いもしない牛にエサをやる。などと言ってたのかも・・・。

 とにかく、そりゃ、駆けつけなきゃ。と思いつつも、とりあえずだんなさんは病院へ直行したので、足がない。ということで、母に頼んで病院に行くことになりました。

 病院に行って、いまから手術。と言ことで、医者からの話を聞いただんなさんが状況を教えてくれました。

 脳みそとはいえ、脳梗塞や脳内出血、くも膜下出血といった命にかかわる手術ではなく、硬膜下出血という、30分程で施術が終わるもの。どうやら、一ヶ月前くらいに転倒して頭を打ったんじゃないか?とのことで、それが原因でゆっくり血が溜まっていったようだとの説明でした。

 普通の方は、言動がおかしいなどの呆け症状や、歩行障害などが出て、「大変、おじいちゃんが呆けちゃったみたい」と勘違いされることが多く「認知症」やその他の病気ではないかと病院に行く方が多いそうで、それで発見されることが多いとのことでした。
 まぁ、そういう方たちは血腫を取り除くと元通りになるのがほとんどだそう。

 しかし、うちのじいちゃん。もともと脳梗塞の後遺症で、歩行困難やったし、言語障害もあったし、呆けもすこーしずつ出てたから、定期検診に行かなかったら分からなかったかも。

 入院に必要な物品を買いに出て、病院に戻ると、なんとたまげたことに親戚一同がお集まりになっちょって、思わず仰け反って驚いてしまった。。。

 だって、だんなの従兄弟やらまで来てるのだもの。。。

 だから、そんなに集まったら・・・・・・・・・・・死に前みたいじゃない。危篤状態とか。。。

 しかも、「定期検診に行った病院から、病院を移って手術」が、いつの間にか「救急車で(家から)運ばれて、命に関る大手術」に話が変わってて、

 人間の伝達能力っちゅーのは、まったく当てにならねぇもんだ。。。。と、再認識したものです。

 しかし、私とだんなさん、うちの母と母と同じホームに働くじいちゃんの妹の4人しか情報は知らないはずなのに、、、

 人間の情報伝達速度も侮れない。光より早いど。。。

 だんなさんには「兄弟(じいちゃんの子どもたち)には連絡したほうがいいかも」という話はしたけど。。。

 そして、手術して1日も経たないのに、住んでいる地区の方々から「おじいさんの具合はどうですか」電話が鳴り響いて、朝寝から昼寝まで阻害されっぱなし。

 きっと、メダカがクジラくらいになってるんだと思う。


 おかげ様で、じいちゃんのほうは手術の翌々日(昨日)には一般の病棟に移ってフツウに生活をしております。入院も一週間ほどでいいらしいので、大事に至らなくてよかったです。
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-27 11:34 | ぼらぼら日常

病はどこから?????


 朝から、数字と格闘したせいでしょうか。

 お昼前から、なんとなーく ・・・・・ お腹が痛いなぁ。

 と感じてました。

 で、お昼になって、お弁当を買いに行かなきゃならなかったけど、腹が痛いからなかなか歩いて行く気にはなれなかったの。

 けど私、気力を振り絞って行ったわ。

 痛む腹を押さえつつ。

 いつも行くコンビニの奥さんが「なーんか、疲れちょるね」とお声をかけてくださったけど、疲れた笑顔しか返せなかったわ。

 帰ってきても、椅子にちゃんと座れなくて、先輩に背を向ける姿勢が楽だったので、失礼ながら彼を拒否る感じの姿勢でお弁当食べたの。

 でも、やっぱり痛みが治まらないから、こもり部屋で休ませてもらってたけど、こんなんじゃ埒があかん。


 と思って(以上ねこむ回想シーン)、病院に様子を電話したら、

 「来てくださーい」って言われちゃったので、まずは母親に電話して、そして仕事を早退して病院へ向かいました。

 早産とか胎盤剥離とか、、、、、すごい状態だったらどうしよう。と思いつつも、痛む腹の中からは、容赦なく存在をアピールしているので、中身の方は無事だろうとちょっと安心。

 だんなさんに「腹が痛いので、病院に連絡したら来いって言うから、母ちゃんに連れて行ってもらってます」とメールしたら

 「ウ○コがつまっちょんのじゃねえんか?」

 ・・・・・・・ (ーー;) あんたはどうしてそういう発想しかないのだろうか。

 しかもアナタ、今日は華々しいアタシタチの結婚記念日やっちゅーに。

 ウ○コなんて・・・・。


 病院に行って、お腹をエコーで見てもらい、子宮口なんて開いてたら大変なので、そこらへんもチラッと見てもらい。

 「お腹の赤ちゃんも元気だし、どこもキレイで異常なさそうですよ。」

 そっ・・・・そうですか?

 「ありがとうございました」と、腰を抑えて立ち上がったら

 「あらっ?腰も痛いの?」

はぁ、そのようにお話をしませんでしたか??

「腰が痛いなら話は違ってくるのよ」

 と、おもむろに今度は腰のエコーを撮りました。

 「あら、腎臓が少し腫れてるじゃない」

 オイオイ。。。。

 「あやうく何もしないで帰すところだったわ。アハハハハ」

 あははははは(^。^)ゝ・・・・・・・・

 っていうか、尿検査するって言うから、出ないのをしばらく頑張って出したヤツ、それにもちゃんと出てたんじゃないっすか、数値に。

 「白血球が多くなってるわ」

 まぁ、先生ったら♪

 ということで、軽く腎盂炎手前。「早く分かってよかった」(先生談)

 薬治療と相成りました。

 しかし、血圧も高くなく、糖も蛋白も出ていないのに、はてさて???

 帰宅後、ダンナさんに結果をメール報告していたので、どんな言葉をかけてくれるかと思えば・・・

「なし、お前は人がならんような病気にかかるんか?」

だから・・・・・・・大丈夫か?とか、きつくないか?とか・・・・・ないわけ???

 とにかく、今日は結婚記念日なんだけどさぁ。。。
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-22 22:59 | 妊娠生活

一昨日見た夢


 なかなか、体調に波があるですだ。

 いい時はいいんだけど、悪い時は寝込んでます。

 日曜日は頭痛にて、ダウン。

 昨日は、復活したとばかりに出勤前に朝風呂に入ったら、目を回しましただ。

 
 そんな中で夢を見ましただ。


 なにやら忙しく働いているオイラ。

 バタバタバタバタ、右往左往して、なんとか仕事をこなしてましただ。

 で、突然、下の方から『にゅるっ』そして『ストン』と落ちましただ。


ひぃぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっっっっっっ!!!


 中身がでたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!



 そうです、なんだか産んでしまったんです、スルンと。アワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ


 (しかし、状況的に、ズボンしかはかねぇオイラなので、もちろん夢の中の自分もズボンなんだから、そんまま床の上に落ちるわけねぇんだがや・・・)

 床の上でパタパタする赤ちゃん。

 慌てて病院に電話しようにも、パニックになってて、なかなかうまくいかねぇです。

 自分に必死に「落ち着け、落ち着け」って言い聞かせているわけで。

 不思議と赤ちゃんにはヒレのような足しかついてませんだ。(手はちゃんとあるんだけどね)

 そのうちパタパタも、小さくなっていきますだ。

 うわぁぁぁぁぁぁっっっっ。・゚・(ノД`;)・゚・

 やっと病院に電話がつながって、「産まれちゃったんですけど!」と言うと

 「もうどうしようもできません。」

 Σ(゚口゚; なんですと!?まだ、動きよりますぞ!!!

 「残念ですが・・・」 ツーツーツー

 そんなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。



 そこで目が覚めましただ。ある衝撃と共に。

 そう、その衝撃。
 
 腹の中から、ヤツが蹴ってる衝撃でしただ。

 「お母さん、安心して。私はここにちゃんといるよ」という存在をアピールすると言うよりは、、、

 「こら、われぇ、何寝ボケちょるんじゃー!!わしゃ~、ここにちゃんとおるど!!」

 という、結構暴力的な凄まじい蹴りでございました。。。。

 おかげで、悲観的になるよりは、思わず笑っちまって安心できましただよ。


 そういえば、腕枕君、立派なお足がついてるから、足がヒレってこともないし(^_^;)

 やっぱり、何だかんだ言って、ちょっぴりはi妊娠生活にストレスを感じてるんでしょうかね、こんな夢を見るなんて。

 はてさて。(^_^;)ゞ

 体重管理には、ちょっぴりストレスを感じてるのは確かだけど~~~♪

 あ~、ポテチ食いてぇ・・・・。
[PR]
by borabora84mickey | 2006-11-21 15:03 | 妊娠生活



何気ない日常の足跡。息子こねこむ(4歳)のやらかすこと、友だち、映画、海外ドラマ、英会話、ニュース、大好きなニュージーランドなどいろいろ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク


▽共同運営等マイサイト
ニュージーランドぼらぼら旅行記
 NZを旅してまわった記録とちょっとした豆知識
4travelマイページ
 上のダイジェスト版みたいなもの。
うどんちゃんのちょっと行ってみたNZ
 一緒にサイト運営しているうどんちゃん(Mika)の旅行ブログ

ねこむが作ったニュージーランド検定!(けんてーごっこ)


▽友だちのブログなど
Rural in Japan
NZ出身Joによる日本での農業とか毎日(英語)
サンシャインファームの風
友だちサニーのブログ。オーガニックとかパーマカルチャーとか色々。
ハーフ息子の英語・大分弁語録
通っている英会話学校の奥様のブログ。
湯布院町青少年ボランティアサポートセンター
私とこねこむが登録しているボランティア活動センターのブログ。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧