ねこむさんのぼらぼらな日常

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

すすまない年末行事。


こねこむの熱もまだ変わらず、
のくせに元気なのはなぜなのか・・・。

寝せている間に掃除をするはずが
「僕もお片づけお手伝いする」と起きてきて
片付けるかと思ったら、
落書き帳などを発見して、お絵描きや
「紙飛行機をつくってくれ」と・・・

で、片付けたはずのこたつの上が、
気がついたら、乗り物たちのパラダイスになっていたり

洗濯物をたたんで、ちょっとトイレへと行くと
廊下を走ってくる音がして
「お母さん、これ、オ○パイにするやつでしょ?」
と、ブラジャーをもって覗きに来る・・・。

たたんだ洗濯物、崩しやがったな。。。。

病人らしく寝とかんかい!
と、寝せようと一緒に昼寝したら

私だけ寝てて、父ちゃんに文句言われる(-_-メ)

その父ちゃんは、年賀状を作ってて
なんかミスって、さっきまでつながってたプリンターを
亡きものにしてしまい、「どげえかしてくれ」と
人に投げてさっさと寝てしまった。。。
(息子と一緒にね)

・・・一生懸命、再インストールとかしたけど
プリンター復活せず。。。

匙を投げて、今に至ります。。。
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-30 01:58 | ぼらぼら日常

小児科のみなさんへ感謝。

c0093096_143153.jpg

c0093096_1431582.jpg

クリスマス、張り切ってケーキをデコレートしたこねこむ。
すごいことになりましたが、まあ、なんとなく良い感じ。
で、イチゴとクリームだけ食べて、残骸を母さんに食べさせるという所業のバツか、、、

一昨日の日曜の夜から、39度を超える発熱。
かかりつけの小児科でインフルエンザの検査をしてもらいましたが陰性。
今日は午前中普通にテレビ見てたのに、正午前から腹が痛いと泣き叫び、、、

かかりつけの小児科、今日は午前中10時までの受付だったのよね。。。
しばらくほっておけば治まるかな。なんて構えてましたが、まったくその気配なし(-.-;)

一か八か、小児科に電話して、「受付時間終わりましたよね」と聞いてみたら、終わりました。と言われ、、、
じゃ、先生お忙しいかも知れませんが、お話できませんか?
とお願いしてみました。

しばらく待ってたら、先生が電話口に出てくれて「どんな感じなの?」と聞いてくれましたよ。
症状を話してる隣の部屋では、こねこむがガンガン泣いてます。
たら、「泣いてるの、こねこむくん?」と電話の向こうの先生。
聞こえましたか(-.-;)

そうです(^_^;)と答えたら、「そんなに泣いてるなら連れておいでよ」

先生、ありがたいです(T_T)

ホントにいつも良くしてくださる感謝してもし尽くせないほどのお医者様です。

実は昨日も、、、
夜からの熱が下がらなくて、受診しようと、いつも携帯で順番を取ってから行くのですが、
携帯の受付の9時になっても、システムが動かない。
おや?5分ほど待っても、動かないので、電話をしたら、
今日はシステムは動いてないので、窓口で受付になります。と言われました。
それは大変、急がねば!
慌てて向かい、窓口に行くと「いまの受付だと、午後からの受診になってます」

、、、まだ朝の10時ですけど(^_^;)

そ、、、そうですか。。。
えっと、帰ってから来ても良いんですけど、、、
往復2時間程かかりますんで。。。

前にも書いたかもですが、住んでる市内に
小児科専門病院は1軒しかなくて、どっちにしろ片道40分はかかります。
で、市内のそこと、隣の市のこの病院は距離は車で5分しか離れてないわけですが、
そこに行くくらいならここに来ますのよ。
体重や熱やら測らないで診察する病院と、
きっちり看護師さんが予診する病院とじゃ
選んで当たり前だけど

で、諦めて帰りかけたら、予診表を書いて、ちょっと待ってて下さいね。
と言われ、予診表を渡して待ってたら、何番かあとに診ますので。と。

なんか他の人を押しのけてしまって気が引けましたが、

そういった心遣いもしてくださる、ホントにありがたい病院です。
小児科ってホントに大変なのに。

よく思うのは、、、病院くるのに
母も患者であろう子供も、めっちゃめちゃこしらえて(お洒落して)くるのは
、、、病人なのか?

しかもそういう人に限って、待合室でガンガン走り回って遊んでたりして
うちの息子が横になってるんだから、静かにせんかい!(-_-メ)

ま。小児科さんに助けていただいてるという話でしたね、

で、今日は、浣腸をしてもらい、腹痛治まる。。。
便秘でもないんだけどなぁ。。。
もしかしたら、別の病気の兆候が現れるかもしれないから、2・3日はしっかり様子を見てね。
とアドバイスを下さいました。

で終わりではなく、先ほどまでは、耳が痛いとなきわめいておりまして。。。

県内唯一の夜間の小児救急病院に電話したら、
耳鼻科じゃないと言われ、まぁ、予想した答えだったかな。
その後は看護師さんと病状やら薬やらのお話をして、アドバイスをいただいてお電話を切りました。

忙しいだろうに、丁寧に適当にあしらうことなく対応してくださりました。

小児科はホントに大変。
でも、病気にかかった子供たちが早く良くなるようにと
色々と尽力して下さってる小児科医さんや
看護師さんや病院の人達が人達がいてくださる。

利用する側も、いつも感謝と常識をもって受診したいものですね。

さあ、こねこむは解熱鎮痛剤が効いて寝てしまったようです。
やれやれです(^_^;)
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-29 01:43 | 育児に奮闘中

発表会。


息子の発表会。

先日の療育相談の後すぐだったので、
なんとも心配な始まりとなりました。

うちは宗教の関係の保育園なので
発表会の1部は、厳かな礼会となっており
カメラの撮影すら禁じられております。

年少さんクラスになってから
昨年までは出てなかった礼会に
今年は参加するこねこむのクラス。

じっと座っていられるか、
ハラハラドキドキでした。

会場に入ってきて、クラスで座ります。
・・・やっぱり横には先生がスタンバイ。。。

でも、なんとか、会の間、
大きな騒ぎを起こすことなく終了^^;

次は発表会。
ビデオ撮影と、小学生などの子どもは入場禁止
という、厳しい制限の中、進んでいきます。

運動の発達が遅れている・・・
と思うと、前で踊っている年長や年中さんの姿を見ると
「あんことできないのかなぁ・・・」
と、ちょっとポロリ(T_T)

小さい組さんたちの、動かない姿をみて
「あんなときもあったなぁ。」としみじみ。
可愛かったなぁ。^^

そして、いよいよ我が息子のクラス。
ドキドキしながら幕があがると、
ニコニコする息子の背後に

先生の姿。。。

またマークされている^^;;;

で、音楽が始まると

c0093096_17182770.jpg


踊ってる~ \(@▽@;)ノ
確かに、周りのおともだちとテンポはズレてるかもだけど
しっかりと踊ってるではありませんか。

c0093096_17195833.jpg


笑顔で。
なんか、息子が踊っている!!という嬉しさなのか何なのか
どんな曲でどんなダンスを踊ってたのか、全く記憶にありませんが

それで、思い出しました。

・・・そうだ、この人

人に見られると燃えるタイプ。
要は、俺をみてくれ!!という大舞台に強いタイプだった。。。

ダンスが終わり、次は劇。

うさぎになりたいと志願してなったといううさぎさんたちが
舞台のトップで出てきました。が・・・・

同じクラスのお母さんたちと
「このクラスって、、、自由人ばかりで、先生大変だねぇ」
というくらいの自由な劇の展開・・・。。。。

家族を見つけて手を振りまくる子
台詞はみんな曖昧で
にんじんを取り合って、
「ケンカしちゃいけないんだよ」とアドリブかますし。。。

最初の登場に加えて、最後にも出てきたうさぎさんたち。
なかなかの出現率でした^^

最後に全員でお歌を歌うのですが
みんな、家族に手を振ったりで大忙し
そこで、息子が一喝
「お話したらいけないんだよっ!!」

・・・舞台の上だから、穏便によろしくお願いします。。。

でも、みんなと一緒に劇をして、
お歌を歌って・・・。

c0093096_172963.jpg


心配に及ばず、なおかつ昨年から比べて
なんと成長したことかと、涙することも忘れ
ただただ嬉しく思いました。

全てが終わって迎えに行くと、先生が
「後ろに立ってどう動いても良いように
構えてたんですけど上手に踊ってくれて
良かったです」

ホント、良かったです。^^
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-21 17:32 | 育児に奮闘中

全ての行動に原因あり。でした。


さて、この4月から、こねこむの保育園生活は波乱万丈。
担任の先生とも何回も面談して、園長先生とも話し
3歳児検診でも臨床心理士さんにご相談。

それでも、改善なし。で、
11月にとうとう
「私たちも勉強をしていますが、今まで保育士をしてきた中で、
こねこむちゃんはないタイプなので・・・」
と、療育相談を受けてみてはどうか?と勧められました。

療育相談?

なにやら、子育ての中で心配事があったなら
専門家のみなさんが見てアドバイスなりくれる。らしい。

以前、同じ保育園に通ってた知り合いの息子さんも
受けるように勧められて、何も無く、
ただ、療育相談をうけてみては。と言われたことに腹が立ち
保育園を辞めたと言ってました。

素人考えだと、、、要は何か問題がある子の何かをはっきりさせる?
みたいなイメージですが。。。

で、とりあえず申し込んでみました。
ただ、集団の中での行動が問題なので
集団の中での様子を知っている先生が
一緒に来て話をしてくれる。と言ってたんですが、
すっかりそれを言ったことすら先生は忘れてて
「保護者の方が行くのが普通ですから」と言われ
ちょっと先生不信に・・・。。

でも、とにかく相談した保健師さんが
「何もなくてもアドバイスはもらえると思いますから」
と、私とこねこむで、保健所へ行ってみました。

保健師さんから日常生活の聞き取り調査があり
その後、保育士さんがこねこむとのやり取りや
彼が他の保健師さんと遊んでいる様子をみて、
彼は何かをやっている時の集中力がすごいので
何か言って聞かせるときは
ちゃんと話を聞く姿勢というのを
身につけさせた方がいいと言われました。

あなたに話しているのだ。という
面と向かっての指示を。とのこと。

なるほど。と思いながら、今度は
作業療法士さんの待つコーナーへ。

彼女もずっと遊んでいる様子を見てて
その時点でも分析をしてくれてました。

それから、迷路やパズルをしてみたり
鉛筆で線をなぞったり。という
簡単なテストをやりましたが

そこで、療法士さんの顔色が変わりました。

「じゃぁ、はさみも使ってみようか」と
はさみを使ったところ、指示通りに切ることができず
こねこむもイライラ。

実は鉛筆で線をなぞる際にも、まっすぐはできるものの
ジグザグなどが書けないのです。

これって、いつも家でやっててできないんだけど
本人のやる気の問題だと思ってたんだけどなぁ。

箸やスプーンの使い方なども検査され

あとは身体をいくつか使った検査。
「馬さんになってみようか」という呼びかけに

・・・できないのですよ、それが。
四つん這いという、私たちでは当たり前だろ。
ということが、できなかったのです。

あれあれあれ???そんなこと全く気がつかなかった。。。

バランス感覚や、スキップなどをみて
で、作業療法士さんが言った言葉は

「運動能力の発達の遅れがあります」

おや???走ったりも早いし、ジャングルジムだって登れるし
自転車だって乗れるのに???

バランスが取れない、四つん這いができないなど
年齢相応の発達ができていない。ということで、、、

結局、その遅れで、集団でするダンスなどもついて行けずに
なおかつ、精神面ではどうやら年以上のものがあるとのことで
「できないことが恥ずかしい」ということから
「苦手としているものには首は自ら突っ込まない」
と自分で決めていて、それで集団に入らない可能性がある。
とのことでした。

なるほど。だから、運動会でも踊れなかったし
みんなが振り付きのお歌など歌ってるときには、
関心がないわけだ。

原因が分って、いままでなんでそんなことするんだろう。
と、悩んでいたことが、

ああ、だからなんだ。とクリアになっただけでも
胸のつかえが下りた気がしますが、、、

運動能力の発達の遅れて・・・
体操教室とかに入れたら改善できますか?と聞いたところ

結局、みんなと同じことができないので
体操教室に行っても、保育園と同じだと思う。と言われました。

おやおや、こりゃ、困ったぞ。どうしたらいいのかなぁ。
と、聞いてみると
こねこむの場合、乳児から幼児へと発達する際に
消えていくはずの「反射」もまだ残っているので
個別に専門的なアプローチをしていった方がいいでしょう。

と、渡されたパンフレットに
「障がい児の発達ををサポートする」と書いてありました。

ああ、障害があるってことなのか。
ちょっと、ずーんっとなりましたが
彼のこれからのことを考えたら、やはり
ちゃんとアドバイスをもらって行くことが大切だな。と。

保育園に話したら「訓練するんですね」と言われましたが、
その「訓練」(作業療法と言って欲しいなぁ)、
なんと現在たくさんの人が待ってる状態で
早くても1月中旬からだそうです。

ま、気長に行きましょう。

まだはっきりとはわかりませんが
発達性協調運動障害というものが近いのかな???

さてさて、どうなることでしょうか^^;
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-17 02:01 | 育児に奮闘中

お手伝い。

c0093096_192697.jpg

鼻歌を歌いながら、食後の食器洗いをしている、こねこむ。

洗ってくれるのはいいけれど、
結局は水遊びしたいだけなので、
シンクの周りは水浸し。。。
もちろん、自分の服も水浸し。。。(-_-メ)


お手伝いしてくれるのはありがたいけど、
とても困りますわぁ。。。
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-14 19:26 | 育児に奮闘中

家族が増えました。

という、衝撃的な内容ですが。

増えたのはこちら。

c0093096_0573893.jpg


あ、右のは人間です。(見たら分るちゅーに)

我が家に増えた。というよりは、実家にやってきました。
我が家の主であるダンナさんは動物嫌いなので、
とりあえず、実家預かりで飼うことに。

息子の情操教育や、
両親二人の変わりない生活の中の清涼剤として。
そして、多分、私と父のペットロスからの立ち直りとして。

いろんな理由がありますけど、
やってきました、超小型犬。

以前飼っていた、「くま」などはほぼ中型犬だったので
店員さんに案内されながら用品を手に取って行く度に
こんなに小さくていいのか!?という驚き。
まさしく未知との遭遇。。。

出会った彼は
ペットショップで、他のチワワたちと明らかに
大きさの違う1匹でした。
お値段も安かったので、じっと見ていたら
「抱いてみます?」と店員さんが連れてきました。

で、抱くだけなら・・・いっか。
と、抱いたら、舐められた。。。

「この子ください。」
店員さんの商売上手にやられてしまいました。。。

6月生まれなので、ホント、他のどの子よりも大きくて
かわいい盛りを過ぎていた感じだったので、
あらまぁ。と眺めてたんですけどね。
多分、チワワらしくない顔立ちと、
毛色が茶色と黒とが微妙に混じってて
いろんなブログで紹介されてる他のチワワと違って
なんだか・・・・汚い感じ??
お世辞にも「良い毛色」。というのではないので

多分、売れ残って、で、「格安」で売られてたに違いない。

値段もホントたたき売り状態でした。。。

連れ帰って、もう大人の入口に差し掛かって
いるらしいとのことだったので
慣れるかな。。。
しつけはもう遅いかな・・・。とか心配でしたが

6ヶ月間、ゲージで暮らしていたので
ゲージも嫌がらず、無駄吠えも全くなし。
トイレもちゃんとできるし

ただ、トイレシートの上が落ち着くのか
そのうえで寝てしまうようで・・・・。

連れてこられた家で、やんちゃぶりを発揮中だそうです。

「もう、おれは生き物はいらん」
と、愛猫がなくなってから意気消沈していた父も
膝に乗っかるチワワくんに、まんざらじゃなさそうです。

c0093096_1121021.jpg


はやく慣れてくれたらと思います。

ちなみに、名前はばあばと息子が考えて
「チャッピー」になりました。

呼び名は「チャップ」やなぁ。と勝手に呼んでる私です。

どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
by borabora84mickey | 2010-12-14 01:14 | 我が家族



何気ない日常の足跡。息子こねこむ(4歳)のやらかすこと、友だち、映画、海外ドラマ、英会話、ニュース、大好きなニュージーランドなどいろいろ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク


▽共同運営等マイサイト
ニュージーランドぼらぼら旅行記
 NZを旅してまわった記録とちょっとした豆知識
4travelマイページ
 上のダイジェスト版みたいなもの。
うどんちゃんのちょっと行ってみたNZ
 一緒にサイト運営しているうどんちゃん(Mika)の旅行ブログ

ねこむが作ったニュージーランド検定!(けんてーごっこ)


▽友だちのブログなど
Rural in Japan
NZ出身Joによる日本での農業とか毎日(英語)
サンシャインファームの風
友だちサニーのブログ。オーガニックとかパーマカルチャーとか色々。
ハーフ息子の英語・大分弁語録
通っている英会話学校の奥様のブログ。
湯布院町青少年ボランティアサポートセンター
私とこねこむが登録しているボランティア活動センターのブログ。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧