ねこむさんのぼらぼらな日常

言葉の習得。


言葉も少しずつはっきりしてきた息子。

でも、何かを「真剣」に伝えようとするときは
そんなときに限って、何を言っているのか
さっぱりわからない。。。

そうはいっても、最近感心するのは

どうやら単語の意味を理解して使えているらしい。

ということ。

車のおもちゃを持って
「この車 かっこいいね~」とか、
お味噌汁を飲みながら
「このお汁 おいしいね~」とか
意味を分かって話しているんだな
ということが多くなりました。

「痛い」にしても
どこが痛いというのをはっきりと言えるように。
「お耳 痛い」(早く言ってくれたら良かったんすが・・・)
「ここ痛い」など、指を指してアピールできるようになりました。

ただ、「痛い」と「かゆい」の区別は
まだついてないようで(^_^;)
お尻をボリボリ掻きながら
「お尻いたーい」って・・・。

そんな昨日、びっくりしたのが
iPodから外れたイヤホンを拾い上げ
耳に当ててから一言

「おと でないね~」

普段の生活で、耳から聞こえてくる
それは「わんわん」であったり
「ピーポーピーポー」であったりなわけで

ワタシ的には
「わんわんって鳴いてるね」とか
「ピーポーが来たね」とかいうレベルでしか
接してなかったような気がするんですが、

耳にイヤホンを当てて
「わんわん きこえないね」
ってくるなら分かるんですが

耳からはいってくるものが
「音」というものだということ
理解しているとは!

親が「そりゃ知らんだろ」と思ってることも
簡単にポロっとしゃべったり、

いろいろと彼が生活の中で見聞きし
実際に触れたりする「体験」の中で
親の予想以上に多くのものを
どんどん吸収しているんだなぁ。と
驚かされました。

ちなみに、きかんしゃトーマスのキャラクターを
ほぼ暗記している天晴な息子。

しかし、なぜか「DVD」はいまだに「ABC」で
「イノシシ」は「うま」。

イノシシを見せるか「食べる」かしないと
見分けがつかないのか・・・。

どうも彼の中では、何か分からない動物は
全て「うま」になるようです。。。

そりゃその昔は、母ちゃん競○すきーだったけど、、、
またもやDNAの仕業?
[PR]
by borabora84mickey | 2009-03-23 14:54 | 育児に奮闘中
<< 妙な一体感。 「プライベートプラクティス-迷... >>



何気ない日常の足跡。息子こねこむ(4歳)のやらかすこと、友だち、映画、海外ドラマ、英会話、ニュース、大好きなニュージーランドなどいろいろ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク


▽共同運営等マイサイト
ニュージーランドぼらぼら旅行記
 NZを旅してまわった記録とちょっとした豆知識
4travelマイページ
 上のダイジェスト版みたいなもの。
うどんちゃんのちょっと行ってみたNZ
 一緒にサイト運営しているうどんちゃん(Mika)の旅行ブログ

ねこむが作ったニュージーランド検定!(けんてーごっこ)


▽友だちのブログなど
Rural in Japan
NZ出身Joによる日本での農業とか毎日(英語)
サンシャインファームの風
友だちサニーのブログ。オーガニックとかパーマカルチャーとか色々。
ハーフ息子の英語・大分弁語録
通っている英会話学校の奥様のブログ。
湯布院町青少年ボランティアサポートセンター
私とこねこむが登録しているボランティア活動センターのブログ。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧